賠償金

 罰は罪の重さに似合ったもので有る必要が有る。高浜原発差し止め仮処分で原告が勝訴の場合の被告の損害は天文学的な数字の損害が生まれる。原告一部住民が金銭的な得をする事は何も無い。被告の損は使える原発が使えず廃炉にさせられる


 原発は使用が危険な為に原子炉等規制法等の原子力法に基づいて使用しなければ成らない。司法が原子力法の瑕疵を理由に原発を停める事は出来無い、原子力法の瑕疵は国会の可決し是正されるまでは現行法で決定を出さねば成らない、原子力規制基準が脆弱と言いたいので有れば、原子力規制委員会が被告に入っていなければ成らない、設置基準の審査が不適といいたいのであれば原子力規制委員会に合格を取り消さすのが道理。原子炉が欠陥炉で危険と言いたいので有れば、原子炉メーカーの三菱重工も被告に入って居なければ成らない。東京電力の福島原発の原因究明の不備を原因に原発を停めることは出来無い。東京電力も被告に入れていなければ成らない。福島の原発は欠陥炉で有る為製造メーカーのGEも被告に入れていなければ成らない。


 関西電力の高浜原発3・4号機の発電施設の損害は売り上げの減の損のほかに原発が停まっていても維持管理費が必要、原発が停まって居ても払わなければ成らない税も有る。それに