御痱り女房



 「夜遅く迄の御勤め御苦労様、御風呂の用意が出来ましたので、冷めぬ内にお早目にお入り下さい。」
 「調べものが未だ残って居るので、其方が先に入りなさい」
 「女の身体は不浄です、先に入る訳には」
 「私に御背中を流させて下さい」「世間に女房だと言いふらしてらしいな、子供が出来ると女房に成る心算か」
 「殿方のくせに、跡取りが欲しくないんですか、私は欲しい」
 「お前の病は死なぬと治らぬのか」
 「病だ何て酷い事を、花が甘い香蜜で蝶や蜂を誘うのは自然於摂理じゃないですか」「果実が東洋の黄色い猿を甘い果肉の匂いで誘うのも自然於摂理か」
 「哀れ日本蒲公英、西洋蒲公英に駆逐されそう」
 「